ゲノムの歩き方(用語解説) > DNA

ゲノムの歩き方(用語解説)

DNA

デオキシリボ核酸(DNA)は、4種類のヌクレオチド(アデニン A、グアニン G、シトシン C、チミン Tがデオキシリボースに結合した化合物のリン酸エステル)とよばれる分子が繰り返し直鎖状に重合した物質です。

生体内のDNA分子は、2本の鎖が緩やかに結合した二重らせん構造をとっているのが普通です。分子の大きさは一般的には分子量で表されますが、DNAの場合にはヌクレオチドの数で、二本鎖DNAの場合には対を形成している塩基の数(塩基対数;base pairs、略してbp)で表示するのが一般的です。