ゲノムの歩き方(用語解説) > ゲノムDNAはどこに?

ゲノムの歩き方(用語解説)

ゲノムDNAはどこに?

核を持つ真核生物の細胞では、ゲノムDNAはヒストンを中心にさまざまなタンパク質と結合し、折り畳まれた状態で核の中に存在します。細胞分裂の際には、ゲノムDNAは大きく凝集した染色体とよばれる構造をとり、二つの娘細胞に間違いなく分配されるようになっています。

ヒトの体を作る細胞(ヒト体細胞)は母方と父方のそれぞれに由来するゲノムを持ち、それがさらに22本の常染色体と1本の性染色体に分かれています。つまり、細胞の中には44本の常染色体と2本の性染色体(女性の場合XX、男性の場合XYと表します)からなる2セットのゲノムがあり、約60億塩基対(6×109bp)のDNAに相当します。ヒトのゲノムサイズは、その半分の約3×109 bpです。