ゲノムの歩き方(用語解説) > 国立遺伝学研究所のロゴ

ゲノムの歩き方(用語解説)

国立遺伝学研究所のロゴ

国立遺伝学研究所のロゴは、第2代所長・木原均博士の「地球の歴史は地層に、生物の歴史は染色体に記されてある」という言葉(1946年)に基づ いてデザインされています。まだDNAの二重らせん構造も塩基配列の意味も分かっていない時点での慧眼ですが、ゲノム解読・DNAシーケンシングの重要性 を端的に言い表したものとなっています。

国立遺伝学研究所ロゴ