The History of the Earth is Recorded in the Layers of its Crust The History of all Organisms is inscribed in the Chromosomes

関連リンク

バナー
バナー
バナー
バナー

お問い合わせ

〒411-8540 静岡県三島市谷田1111
TEL : 055-981-6788
FAX : 055-981-6863
Email : advanced-genomics@nig.ac.jp

 2011年10月に設立された国立遺伝学研究所 先端ゲノミクス推進センターは、
ゲノム科学研究の国内・国際拠点の一つとして共同利用・共同研究を進め、
わが国の生命科学研究の国際プレゼンスを高めるための基盤形成を目指してい
ます。学術コミュニティからの大規模シーケンシングや情報解析の要請に随時
応え、ゲノム研究の中核として機能するべくセンターの整備を継続的に進めて
います。また、本センターは、他のゲノム研究機関との研究交流を積極的に進め、
常に最先端の研究基盤を大学・研究者コミュニティに提供するとともに、先端
ゲノミクス研究に精通した人材を育成することが期待されています。

 次世代型シーケンシングが生み出す大量のゲノムデータを扱う先端的ゲノム
科学研究は、生物学と情報・統計学とが一体化した新しい研究スタイルで進め
られており、基礎生物学、医学生物学、農・水産学、環境生物学などの生命研究
分野全体に大きな革新をもたらしています。こうした次世代型大規模ゲノム解析
を活用するためには、超大量情報解析技術や進化・集団遺伝学との有機的な連携
が必須です。国立遺伝学研究所は、これらの研究資源や十分な研究体制をとるこ
とが可能な大学共同利用機関です。

共同研究リスト

2015年度
  1. 阿形 清和 (京都大学・大学院理学研究科・生物科学専攻)
    次世代シーケンサーを利用した進化研究, 共同研究
  2. 天竺桂 弘子 (東京農工大学農学研究院・生物生産科学部門)
    次世代シーケンサーによるパーキンソン病カイコモデル変異体opの全ゲノム解析, 共同研究
  3. 久原 篤 (甲南大学 理工学部生物学科)
    記憶と適応を制御する遺伝子発現制御の多様性, 共同研究
  4. 平井 和之 (杏林大学 医学部生物学教室)
    ショウジョウバエの生殖様式を決定づける遺伝的機構の解明, 共同研究
  5. 権藤 洋一 (理化学研究所バイオリソースセンター新規変異マウス研究開発チーム)
    1分子長鎖再解読に基づく標準マウスゲノム配列および構造決定と公開におけるマウスゲノムの1分子長鎖DNAシーケンシング解読の実施, 共同研究
  6. 深川 竜郎 (大阪大学大学院生命機能研究科)
    染色体機能領域研究(セントロメア領域のクロマチン解析), 共同研究
  7. 嶋田 透 (東京大学大学院農学生命科学研究科)
    起源を異にするカイコ近交系のゲノムリシークエンシング, NBRP
  8. 近藤 周 (遺伝研 無脊椎動物遺伝研究室)
    多様な特性を持つショウジョウバエ種のゲノム配列(2), NBRP
2014年度
  1. 阿形 清和 (京都大学・大学院理学研究科・生物科学専攻)
    次世代シーケンサーを利用した進化研究, 共同研究
  2. 北垣 浩志 (佐賀大学 農学部・生物環境学科)
    ビルビン酸低減清酒酵母一倍体のゲノム解析, 共同研究
  3. 郷 康広 (自然科学研究機構新分野創成センター)
    マカクザル脳発達トランスクリプトーム・エピゲノム解析, 共同研究
  4. 柴田 弘紀 (九州大学生体防御医学研究所)
    毒蛇ハブの全ゲノム解析と染色体マッピング, 共同研究
  5. 天竺桂 弘子 (東京農工大学農学研究院・生物生産科学部門)
    次世代シーケンサーによるパーキンソン病カイコモデル変異体opの全ゲノム解析, 共同研究
  6. 高見 英人 (海洋研究開発機構 海洋・極限環境生物圏領域)
    環境メタゲノム解析から大深度環境の微生物生態系の機能的特徴を見る, 共同研究
  7. 長谷川 雅美 (東邦大学理学部 生物学科)
    島嶼環境における捕食者ヘビ類の食性、色彩パタン、体サイズ進化のエコゲノミクス, 共同研究
  8. 平井 和之 (杏林大学 医学部生物学教室)
    ショウジョウバエの生殖様式を決定づける遺伝的機構の解明, 共同研究
  9. 伊藤 武彦 (東京工業大学大学院生命理工学研究科)
    次世代シークエンサを利用した、新規ゲノム配列/転写産物配列決定手法の開発に関する研究, 共同研究
  10. 竹内 秀明 (東京大学大学院理学系研究科・生物科学専攻)
    次世代シークエンサー技術を利用したメダカ近交系ゲノム比較による動物個性に関わる遺伝子多型の探索 , 共同研究
  11. 倉田 のり (遺伝研 植物遺伝研究室)
    野生イネリソースのゲノム多様性情報の整備, NBRP
  12. 近藤 周 (遺伝研 無脊椎動物遺伝研究室)
    多様な特性を持つショウジョウバエ種のゲノム配列, NBRP
2013年度
  1. 郷 康広 (自然科学研究機構新分野創成センター)
    次世代シーケンサーを用いた類人猿ゲノム計画, 共同研究
  2. 権藤 洋一 (理化学研究所バイオリソースセンター)
    次世代シーケンシングによるENU変異マウスライブラリーの点突然変異検出の試み, 共同研究
  3. 花田 耕介 (理化学研究所 植物科学研究センター)
    ハクサンハタザオとダイコンの次世代シークエンス解析 , 共同研究
  4. 細谷 浩史 (広島大学大学院理学研究科生物科学専攻)
    原生動物ミドリゾウムシに共生する共生藻の共生メカニズムの解明, 共同研究
  5. 黒木 陽子 (東北大学東北メディカルバンク機構ゲノム解析部門)
    ヒトゲノムの未解読領域を対象とした配列決定, 共同研究
  6. 阿形 清和 (京都大学大学院理学研究科・生物科学専攻)
    次世代シーケンサーを利用した進化研究, 共同研究
  7. 北垣 浩志 (佐賀大学 農学部・生物環境学科)
    ピルピン酸低減清酒酵母のRNASeq解析, 共同研究
  8. 関本 弘之 (日本女子大学理学部)
    シャジクモ藻類ヒメミカヅキモのゲノム解析, 共同研究
  9. 平井 和之 (杏林大学医学部)
    アナナスショウジョウバエ単為生殖系統のゲノム解析, 共同研究
2012年度
  1. 黒木 陽子 (理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター)
    種特異的進化を遂げた遺伝子群の同定を目指した有袋類ゲノム配列情報の構築, 共同研究
  2. 花田 耕介 (理化学研究所 植物科学研究センター)
    ハクサンハタザオとダイコンの次世代シークエンス解析 , 共同研究
  3. 細谷 浩史 (広島大学大学院理学研究科生物科学専攻)
    原生動物ミドリゾウムシに共生する共生藻の共生メカニズムの解明, 共同研究
  4. 平井 和之 (杏林大学医学部)
    アナナスショウジョウバエ単為生殖系統のゲノム解析, 共同研究
  5. 阿形 清和 (京都大学大学院理学研究科・生物科学専攻)
    全ゲノム配列・トランスクリプトーム解析を利用した進化研究, 共同研究
  6. 郷 康広 (京都大学霊長類研究所)
    次世代シーケンサーを用いた類人猿ゲノム計画, 共同研究
  7. 江崎 孝行 (岐阜大学医学部・病原微生物・遺伝子資源保存センター)
    NBRPに登録された300菌種の日和見病原体ゲノム解析, NBRP
2011年度
  1. 阿形 清和 (京都大学・大学院理学研究科・生物科学専攻)
    全ゲノム配列・トランスクリプトーム解析を利用した進化研究, 共同研究
  2. 浅川 修一 (東京大学大学院農学生命科学研究科)
    腹びれイルカのゲノム解析, 共同研究
  3. 上村 匡 (京都大学生命科学研究科)
    神経回路のリモデリングと維持を支える機構, 共同研究
  4. 黒木 陽子 (理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター)
    哺乳類染色体のゲノム多様解析, 共同研究
  5. 平井 和之 (杏林大学医学部)
    アナナスショウジョウバエ単為生殖系統のゲノム解析, 共同研究
  6. 真下 知士 (京都大学大学院医学研究科附属動物実験施設)
    F344ラットの全ゲノムシークエンス解析(次世代シーケンサー(イルミナ)を用いたゲノム解析), NBRP