シーケンシング | 先端ゲノミクス推進センター

AGCシーケンシング | 先端ゲノミクス推進センター

所内ページ

シーケンシング

本センターの設備を最大限活用し各種解析を実施いたします。新規ゲノム解析(完全ゲノム/ドラフトゲノム解析)、変異解析(リシーケンシング)、修飾・エピゲノム解析(ChIP-seq解析、メチレーション解析、Hi-C解析)、RNA解析、1細胞解析、ほか。

【主要設備】

シーケンサー

機種名 台数 性能
平均解読長 データ量 ラン時間
NovaSeq 6000(Illumina) 2 150bp ~3Tb 44時間
NextSeq 2000(Illumina) 1 150bp 〜540Gb 44時間
PacBio Revio (Pacific Biosciences) 1 15~20kb 80~100Gb 30時間
PacBio Sequel Ⅱ/Ⅱe(Pacific Biosciences) 1/1 15~20kb 20~30Gb 30時間
PromethION(Oxford Nanopore) 1 ライブラリに依存 50~100Gb ~72時間
GridION(Oxford Nanopore) 1 ライブラリに依存 ~10Gb ~72時間

シングルセル解析機器

C1(Fluidigm)
Chromium (10x Genomics)

【シーケンサールーム】

シーケンサールームは入室制限区域内に設置しており、個人ゲノム・メタゲノム解析等に必要とされる高度なセキュリティ対策を実施しています。